第二十七回東京文フリ、あとJIS83制定の「逢」について

 東京文フリで同人誌を頒布していただいた。出金伝票作成ついでにメモとして残しておく。

 

 まだほとんど読めていないけれど、トレカントさんの『三者三様』、中村めりさん企画の『ちょっと三途の川、見てきてもいいですか。』はすごくおもしろかった!

 

ウ-64 素敵な地獄『気軽な懺悔』(@3dai_yokai、表紙絵・デザイン:y、印刷:株式会社ポプルス)

オ-9 トレカント『三者三様 vol.1』(@TREKANT_333、表紙イラスト:恵八、印刷:RED TRAIN)|『三者三様 vol.1.5』(印刷:EditNetプリンテック)|『三者三様 vol.2』(表紙モデル:偏在ちゃんの足立梨花似の後輩、印刷:イシダ印刷)

カ-4 中村めり『ちょっと三途の川、見てきてもいいですか。』(@immoralchan、表紙イラスト:ケビンばやし、印刷:プリントオン)

カ-5 「揺れる」編集部『失恋手帖』(表紙モデル:武居詩織、写真:三浦咲恵、装幀・デザイン:車田泰雄、印刷所:丸正インキ)|『失恋手帖 vol.2 忘れられない言葉』(表紙モデル:森宏枝、写真:飯本貴子、装幀・デザイン:車田泰雄、印刷所:丸正インキ)

キ-13 早稲田大学現代文学会『Mare vol.5』(@genbun_e515、カバーデザイン:satoru、印刷:ちょ古っ都製本工房)

キ-22 名古屋大学SF・ミステリ・幻想小説研究会『PiT vol.18』(@TaroSF)

ク-44 わく『感傷マゾ vol.1』(@wak、表紙イラスト:紗凪、表紙写真:わく/かつて敗れていったツンデレ系サブヒロイン、印刷:株式会社栄光)

ケ-8 版元ひとり『この小江戸がすごい!』(@hanmoto_hitori、印刷:そのへんのコピー機)

ケ-12 推しに本を推したいひとたち『推しに推したいブックガイド』(@oshioshi_people、表紙・デザイン:福田正知、印刷:PICO)

B-5 セロトニン工場『祝祭』(カバーデザイン:Yutaka Ridwin)

B-22 pabulum『一人称・複数・未完/断片』(@pabulum15、印刷:ねこのしっぽ)

C3-4 「南房総×物語」出版プロジェクト『ふるさとを編む』(@MbSeminar、編集協力:影山祐樹、装丁:本庄浩剛、協力:薬師知美、印刷:シナノ印刷株式会社、CF:https://camp-fire.jp/projects/view/16937

F-21 下北沢ショートショートゾーン『下北沢ショートショートゾーン』(装丁:浅野恭弘、印刷:くりえい社)

F-27 文文文庫『国道百合線』(装丁・絵:寒川ミサオ、印刷:ちょ古っ都製本工房)

F-29 瀬田ミコタ『猫の缶詰め』(@pseta__m、印刷:RED TRAIN ONEBOOKS)

F-48 アトリエよいこ『Photoframe』(@atorie_yoiko、絵:ダイロクノンコ、印刷:株式会社グラフィック)
*敬称・編集略、誤記などありましたらお教えくださいませ。

 

 蛇足。今回は、じぶんの作品のレビューが載っている『PiT vol.18』がほしくて流通センターへ行って、それ自体は手に入れることができてよかったのだが(レビューありがとうございます!)。

 

 どうもWindowsXP時代のMS明朝を使用している関係なのか、私の著者名の「逢」の字が第一水準表外漢字だったため、一点しんにょうになってしまっていた。(本来はというかなんというか、このあたりはだれもがJISの被害者なので微妙な言いかたになるが、二点しんにょうの「あい」坂である)

 

f:id:aisaka_chihiro:20181125213549p:plain

j90-3029 (逢) - GlyphWiki

 (これがJISによる一点しんにょうの「ほう」)

 私も印刷物を校正するときは、JIS字体や朝日文字に気をつけなければな、と、ドキっとした瞬間だった。